RSS

和太鼓教室

2019.02.17 カテゴリ:日常 コメント(0)

和太鼓フェスティバルの主催者で和太鼓教室の指導をしているのは宍粟市出身の『内海いっこう』先生

和太鼓奏者として数多くのアーティストと共演して世界的に活躍されている方です。

また一つ地元再発見できました!

5人の人がいいね!と言っています

宍粟和太鼓フェスティバル

2019.02.17 カテゴリ:日常 コメント(0)

2月17日午後1時~宍粟和太鼓フェスティバルを観に行きました。

以前から和太鼓に興味を持っていたのですが、今回は社員さんの子供さん一人、お孫さん二人も出演するとのことで楽しみに観に行きました。

コンサートホールは満員で小学生から熟年まで3時間の熱演が続きました。お腹に響く和太鼓の心地よい響きとジャズのようなリズムで時間の経つのも忘れて聴きました。

すっかり魅了されて演奏の合間の15分の休憩時間に和太鼓教室に参加申し込みをしました。6名の募集の中で1番乗りでした。

教室は4月から始まります。

5人の人がいいね!と言っています

特注:背面ラック

2019.02.17 カテゴリ:特注家具 コメント(0)

凄い特注を見つけました!

前から見ると普通のカウンター下すきまくんの120引戸タイプと引出タイプです。

まず奥行45㎝の特注。(25㎝、30㎝、35㎝)

他の特注としては、引出タイプの背面は化粧仕上げ。しかし120引戸タイプはブックシェルフになっていました\(◎o◎)/!設計担当者に「作るの大変やった?どうやって作ったの?」と聞くと淡々とした感じで「それほどなかったです。近くだったので配達した時施主さんがとても喜んでくれたのが嬉しかった」と言ってました。手前みそですがフジイの設計者、それを形にした現場の人達、皆スゴイ!

 

5人の人がいいね!と言っています

カイゼン:第一工程

2019.02.16 カテゴリ:工場・会社 コメント(0)

今朝は1台のビデオカメラが設置されています。

作業の様子を記録して少しでも作業効率が上がる方法を探るための定点観察です。

今年の4月から働き方改革の一環で

①有給休暇を最低5日全員取らなくてはいけない。

②残業時間の規制    ③人手不足     ・・・

製造業は材料費の高騰と共に益々厳しくなっています。

そんな中、カイゼンを一層進めて、これからも常に進化していく“すきまくん”をお届けしたいと思っています。

5人の人がいいね!と言っています

イノシシ?!

2019.02.15 カテゴリ:工場・会社 コメント(0)

今朝も2台のトラックが材料を届けに来てくれています。そんな中敷地内の山里に畑を耕したような跡が・・・

不思議に思って近くまで見に行くと、どうも猪が畑と思って荒らしていったようです。

残念ながら、いくら掘り起こしても農作物は出て来ませんよm(__)m

5人の人がいいね!と言っています