RSS

シンクロニシティ

2018.02.12 カテゴリ:日常 コメント(0)

シンクロニシティとは『意味のある偶然』

今日は落語を通してそれを体験した1日でした。

早朝ビデオに撮っていた“桃色つるべ”を見た。殆ど見ない番組ですが落語家の柳家花緑がゲストということで録画していました。話題は粋と無粋とシンクロニシティ。

そこで初めてシンクロニシティという言葉を聞きました。

例えば鶴瓶がインスタを始めた時、たまたま飲み屋の隣の席に座っていて教えてくれたのがインスタの社長だった・・等数々のエピソードが紹介されていた。

私自身の体験はその日の夜、繁昌亭で鶴瓶のサプライズ登場・・・

午後9時ごろ寄席が終わり、姫路に着いたのが10時半。車に乗り山崎に向かう時ラジオをつけると桂吉弥のABCラジオ放送が始まったばかりで30分聴いて帰りました。偶然落語家のラジオが聞けるなんて・・と思いながら自宅に着くまでの残り10分、チャンネルをMBSに変えるとなんと笑福亭鶴瓶の声が!“ヤングタウンSunday”(pm22:00~23:30)の司会者でした。

これはまさにシンクロニシティだ!

それにしても繁昌亭の寄席の後レギュラーの深夜ラジオ番組に出演とは・・・!

5人の人がいいね!と言っています

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文