RSS

2014年4月24日の記事一覧

納屋リフォーム③お手本

2014.04.24 カテゴリ:日常 コメント(0)

お手本となるのは尊敬する先輩の囲炉裏小屋です。

山崎の揖保川沿いに手造りの囲炉裏を持ち、様々なおもてなしをされています。

非日常の癒しの空間に感動し、私もおもてなしの空間を作りたいと思ったのがきっかけです。

10人の人がいいね!と言っています

納屋リフォーム②

2014.04.24 カテゴリ:日常 コメント(0)

まずは床を何とかしなければ・・・。

何十年も埃にまみれ土足で入っていたので、汚れも半端なくひどい状態です。

希望は床暖房+掘りごたつですが、両方叶えようとすると、それだけで100万円くらい掛ってしまいます。

ここは将来の夢として、取り敢えずペイントすることにしました。少々残っている荷物を左右に寄せて、片方ずつ塗りました。

塗料はニスにしようか、ペンキにしようか随分迷いましたが、水性ペンキにしました。

手入れしやすく(水で洗える)濃淡の加減も出来るので、結果的に大変便利でした。床の木の風合いも浮き出て、キレイな仕上がりとなりました。

塗る時間も早く、二人がかりで半日で完成!

達成感に包まれました。

10人の人がいいね!と言っています

納屋リフォーム①

2014.04.24 カテゴリ:日常 コメント(0)

昨年、納屋の外側をきれいにしようとペンキでDIYしました。(写真左)

実はこの時、納屋の中は足の踏み場もないほど、荷物が溢れていました。

 

今年は、中をきれいに片づけて、囲炉裏風小屋にしようとリフォームを決意しました。

写真右は荷物をほとんど出したところです。この時は、ダスキンお掃除サービスにお願いして二人二時間16,000円の予算で、荷物を要るもの、要らないものに仕訳するのを手伝ってもらいました。

また、収納専用納屋だったので、押入れ棚のような大きな棚を3枚(広さにして畳6畳分の大きさ)を大工さんに外してもらいました。半日工事でこれも費用16,000円でした。

初期費用32,000円かかりましたが、残念なことに予算が全くないのでここからは手造りリフォームとなりました。

買うのはペンキや刷毛・・・日常生活費の範囲内で購入可能なものに限りました。

どうも、春になると毎年何か改造したくなるサイクルのようです。

10人の人がいいね!と言っています